電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

仮住まい・引越し不要で家の傾きを直せる!?

家の傾きを直す施工業者の第一印象時チェックポイント4項目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
家の傾きを直す施工会社の第一印象時チェックポイント4項目

家の傾き修正工事の見積もりを取るに値するのか、工事を安心して依頼できる施工業者なのか、以下の4点が大きな判断材料となります。

こちらの悩みをしっかりと理解してくれて、家の実態に合っている工事を「測定と診断」をもとに提案してくれる、そのような施工業者を見極めることができれば、お客さまとご家族の喜ばしい結果は約束されたと言っても過言ではありません。

第一印象

電話、メールの対応は丁寧で迅速でしたか?

訪問時の身だしなみ・挨拶・言葉遣い・約束通りの時間かどうか・営業車の止める位置などでも、その施工業者の質が大体わかります。

営業担当者の全ての行動に対して思慮している会社であれば、工事に対しても高い意識を持っていると言えるでしょう。

営業担当者の知識の豊富さ

家の傾き修正工事を専門としている業者はそう多くはありません。

たいていは複数種類の工事(リフォーム、シロアリ対策、外壁塗装など)の営業もしています。

よって1つの業種についてはそこまで詳しくない場合があります。

営業担当者が家の傾き修正工事に対してどこまで深い知識を持っているかは、施工業者を選ぶ1つの重要なポイントになるでしょう。

営業担当者の対応

訪問してくる営業担当者は会社の顔です。

営業担当者の質と工事の質は比例すると思って良いでしょう。

細かいことをごまかしたりはぐらかしたりしないで、こちらからの質問・疑問に対し誠実に答えてくれる営業担当者であれば信頼できると言えます。

打ち合わせの際にメモを取っているか、こちらの話を最後まで聞く姿勢があるか、なども参考になります。

担当者の言動から真剣さが伝わってくるようであれば、安心して工事を任せることができるでしょう。

誠実な営業担当者であれば、自分の勧めている工事に対して責任感を持っているため、ていねいで着実な工事を提供してくれるに違いありません。

営業担当者との相性

営業担当者と相性が合えば、こちらが要望したイメージが伝わりやすく、満足のいく工事になる可能性が高まります。

担当者とよく話をした上で、この人なら任せても大丈夫だな、と感じることが大切です。

工事車両を止める位置や工事道具の置き場所の変更などの小さなお願いごとも、相性の良い営業担当者や工事担当者であれば、気軽に頼めるのではないでしょうか。

ネットからの無料相談