電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

【家の傾き修正事例】山梨県甲斐市 ストレスと吐き気の解消

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レーザー測量2359

お客さまからのお声

私の住まいは住み始めて25年になります。
家は山の上の方にある高台の斜面にあります。
はじめは地盤が強くて亀裂などもなく、周りの景色も一望できる本当にすてきな家だと思っていました。
しかし住み始めて時間が経つにつれて、一部の部屋の傾きを感じるようになってきました。

傾きは月日とともに増していっているようで、リビングで過ごしているとストレスがたまり、ときには吐き気を催すこともありました。
夫婦で相談していましたが、当時は家の傾きを直すことなど不可能で、建て替えるしかないと思い込んでいたため、なんとかしたいと思いながらもどうする事もできないでいました。

たまたま最近始めたインターネットで検索したところ、いろいろな業者を見つけることができたので、その中で一番対応がていねいだったレフトハウジングさんに傾きを直す工事をお願いしました。

職人さんは、工事中の動きがきびきびとしていて、見ていてとても気持ちがよく、信頼できる方たちでした。
工事はまったく問題なく終わって、部屋は新築時と同じ水平な状態に戻りました。
見事な工事の仕上がりで、腕の良い職人さんは違うんだなぁとしみじみ感動しました。

今ではどこの部屋で過ごしていても、ストレスも吐き気も一切ありません。
家が傾いていると体調が悪くなるのは本当だと思いますので、早く修正していくことが大事だと今更ながら感じています。

担当者から一言

お客さまのお住まいは築25年とは思えないほど綺麗で、しっかりとしたベタ基礎の建物でした。
ただ、建てる時に地盤改良や杭打ちなどはしなかったと話されていました。

斜面の高い部分の土を削り、その土を低い部分に盛って土地を平らにしてから、家を建てられたようです。
つまり土地の半分は切土でもう半分は盛土であるため、地盤の強度の不均一さが傾きの原因だと思われます。

強度が弱い盛土が広範囲なため、基礎の下だけではなく敷地全体の地盤改良が効果的だと考えました。
そこで家の傾き修正と地盤改良を同時に行うことが可能な、グランドコンパクション工法をご提案しました。

工事は作業スペースを広く取れたため、効率的に進めることができました。

水平に戻ったお住まいを見て、お客さまの胸のつかえがとれたような屈託のない笑顔がとても印象に残っています。

工事期間 8日間
地域 山梨県甲斐市
薬液注入を開始した深さ 地下6.2メートル
工法 グランドコンパクション工法
結果

最大73ミリの改善
家の傾き解決
軟弱地盤解決

グランドコンパクション工法(工法解説ページ

1~2日目

  • ブルーシート等による養生
  • 機材の降ろし(硬化剤、水タンク、圧力計、二重管等)
  • 土間の斫り
  • 手掘り掘削による埋設管確認

養生2342 養生2343 埋設管確認2345

3~5日目

  • 鉄管によるボーリング調査
  • 外部レベル測量
  • 二重管による薬液注入

削孔2347 薬液注入2350 薬液注入2351

6~8日目

  • 外部レベル測量、室内レーザー測量
  • 二重管による薬液注入
  • 機材片付け、清掃

薬液注入2353 外部レベル測量2354 室内レーザー測量2355

ネットからの無料相談