電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

仮住まい・引越し不要で家の傾きを直せる!?

早めに知っておきたい家の傾き5つの原因とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
早めに知っておきたい、家の傾きの主な5つの原因とは

地震による液状化が家の傾きの原因

地盤が弱い地域で大地震が発生すると、液状化現象により地盤内の水分が流出して地盤沈下が起こります。

重い建物が建っている地盤で液状化現象が発生した場合、地盤が均一に下がっていくことはまれで、家が傾きながら沈下していく不同沈下現象が多く見られます。

家の重量により地盤そのものが変形していきますので、場所によって不均一な沈下を引き起こし、家を傾けてしまうのです。

軟弱地盤の地盤沈下が原因

もともと弱い地盤上に家を建てると、その重みによって地盤が圧密され、じわじわと沈下していきます。

上に乗っている家のバランスが均一であれば地盤も平均的に沈下して、年月とともに土が引き締まり安定します。

しかし、家の一方向にのみ2階があるなど、重量が偏っている場合は重いほうだけが沈下し、家が傾いた状態になってしまいます。

また、家のバランスがよくても地盤の固さが不均一であれば、結局は同じ結果になります。

大地震による地盤のずれが原因

大きな地震によって地盤にずれが生じ、段差ができて家が傾いてしまう場合があります。

これも地盤沈下現象の一種で、強固な地盤でも起こりうる現象です。

東日本大震災では震度6強に見舞われた地区で地盤が部分的にずれてしまい、建物が傾いたケースがあります。

その地区は地盤が固く近隣の被害はほぼありませんでしたが、ちょうどそのずれている部分に建っていたお家だけが被害を受け傾いてしまいました。

床の下地材の劣化が原因

築年数が経てば建物自体が劣化することは想像できますが、実は床下も劣化していきます。

床の下地材は劣化すると凹んでいくので、その上に立っていると部屋が傾いているように見えます。

しかし、実際傾いているのは床だけで家自体は問題ない場合があります。

もちろん床と家の両方が傾いている可能性もあるので、そこは確認する必要があるでしょう。

建物の構造上の問題が原因

新築時に無理なプランで建てようとしてしまい、柱や土台が傾いているということがあります。

いわゆる欠陥住宅のことです。

その場合でも、傾きが1メートルにつき3ミリ(3/1,000)以内であれば許容範囲とされています。

もし新築物件で傾きが1メートルにつき6ミリ(6/1,000)を超えるようであれば、建築業者に欠陥住宅の可能性を指摘できるでしょう。

まとめ

以上をまとめると、家の傾きは地盤沈下を原因としたものと、建物自体の問題の2つに分けられます。

地盤沈下には、ここに紹介した以外にも原因が複数あり、「知らないと怖い地盤沈下の主な7つの原因」の記事でも取り上げてますので、そちらもご参照ください。

傾きの原因をしっかりと把握し、今後の対応を早めに考えておくことをおすすめします。

このページの用語解説

圧密(あつみつ)とは

上部からの圧力により土の体積が減少することを圧密と言う。土の上に家などの重みがかかると、土内部の水と空気が搾り出されて引き締まった土ができる。引き締まった分、表層が沈下する。

液状化現象(えきじょうかげんしょう)とは

砂と水が多い地盤が揺れると発生する。水と砂が分離して、水が噴き出してしまう現象。地盤沈下を引き起こす。

地盤沈下(じばんちんか)とは

土の中の隙間が埋まって表層の土地が陥没すること。地震による液状化でも発生する。

軟弱地盤(なんじゃくじばん)とは

建物を建てると今後悪影響がでると推定される強度の地盤のこと。明確な基準はない。

不同沈下・不等沈下(ふどうちんか・ふとうちんか)とは

地盤沈下の影響で建物が傾いた状態のこと。地盤沈下がおきても、建物がストンと傾かずに沈下した場合は不同沈下とは言わない。

ネットからの無料相談