電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

仮住まい・引越し不要で家の傾きを直せる!?

近隣工事で傾いてしまった家の修正工事はできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段、暮らしていて家の傾きについて深く考えることは、自覚症状が出ているなどの実感がない限りはそうそうないことかと思います。

しかし、近くで何かしらの工事が行われた場合、騒音や揺れとともに「もしかして、この工事のせいで自分の家が傾いてしまうのでは?」と感じることがあるかもしれません。

実際に、近隣の工事の影響で家が多少沈んでしまったり、壁にヒビが入ってしまうなどの悪影響を受けているケースもあります。

工事が原因で、自分の家が傾くのは納得がいかない方も多いでしょう。

そこで今回は、今後、家の近くで工事がある際に気をつけておくべきことや、傾きを感じたときの対処法などをご紹介します。

どうして近隣の工事の影響で家が傾いてしまうの?その理由

まずは、なぜ近隣の工事の影響で、自分たちの家に影響が出てしまうのか、その理由を解説します。

工事とひとくちに言ってもさまざまな種類がありますが、例えば駐車場だったスペースに新しく家を建てる場合や、逆に家を解体する場合は、影響を受ける可能性があります。

その理由は地盤に影響があるからで、地面よりも下を掘る場合、しっかりと土留め(つちどめ)が行われていないと家の周りの土が弱くなってしまい、その影響で家が傾いてしまうわけです。

土留めが弱いと地面が弱くなる?

土留めとは、地面よりも深い部分を掘る際に、近隣の建物などに影響がでないように立てておく仮の壁のようなものです。

しっかりと深いところまで壁を作っておけば影響はありませんが、ずさんな土留めですと土が流れてしまい、地盤全体が沈んでしまう可能性があります。

また、土留めは水分が多い地盤ですと効果が出づらく、しっかりと土留めをしていても掘削面から水分が流出してしまい、その結果、地盤が沈んでしまうこともあります。

近隣の工事のせいで家が傾いたと感じたら?

もし、家の近くで行われている工事が始まり、その後「なんか家が傾いているような気がする…」と感じたら、もしかしたらそれは工事の影響によって、地盤が沈下しているのかもしれません。

これまで全く自覚がなかったのに、急にドアが閉まりづらくなった、床の上をビー玉が転がるようになった…などの現象が起きているのであれば、傾きが発生していると考えられます。

その場合、工事をしている業者に対して、補修をしてもらえるのか?という点は非常に気になるところかと思います。

工事との因果関係を証明できないと、賠償請求は難しい

もしあなたが、「家が傾いたのは工事のせいだ!」と思っても、工事によって家が傾いたと証明できないと、賠償請求(家の傾きの補修の請求)は非常に難しいと言えます。

その理由は、当然ですが近隣の工事を行った業者は、家が傾いたと言われてもそれが言いがかりなのか、そうでないのかがわからないからです。

工事によって地盤の一部が沈下してしまい、そのせいで家が傾いた可能性もありますが、これまでも家が傾いていたけれど、工事の揺れによってそれを初めて実感した可能性もあります。

はっきりと「工事のせいで家が傾いた」と証明できなければなかなか補償に応じてくれません。

実際、近隣の工事によって家が傾いたり、壁にヒビが入ってしまったのでなんとかしてほしいと施工業者に訴えても「因果関係がわからないので」と取り合ってくれないケースは決して珍しいものではないんです。

仮に裁判を起こしたとしても、因果関係が証明しきれずに結局負けてしまうことが多いです。

ベストな手段は「事前に家の傾きを調査しておく」こと

そのため、因果関係を証明できるものを用意しておくことが非常に大切です。

この場合、ベストな方法は「工事が始まる前に家の傾き具合を調査しておく」ことです。

第三者である業者に調査してもらい、家の傾きをきちんと書類などで残しておけば、仮にその後に行われた近隣の工事によって家が傾いたことの因果関係をきちんと証明できるからです。

仮に調査の時点(工事が行われる前)で少し傾きがあったとしても、工事の影響で傾きが大きくなり自覚できるほどになってしまったとしても、その分の補償をしてもらえる可能性は十分にあります。

「自分で家の写真を撮影しておく」手段も有効

また、業者にきちんとした調査をしてもらう場合に比べるとそこまでしっかりと証明できるものではありませんが、自身で「工事が始まる前の家の写真を撮影しておく」という方法も有効です。

例えば工事終了後に壁を見るとヒビが入っていた…という場合、家の壁の写真を撮影しておけば「工事の前は壁はなんともなかった」と因果関係の証明として役立ちます。

家の傾き方を写真として残すのは難しいので、壁や基礎、家の内側の壁や天井など「ヒビが入るかもしれない」ところの写真を残しておくようにしましょう。

事前に調査をしたり写真を撮ってくれる業者もいる

大手のハウスメーカーなど、隣に家を建てる、あるいは解体するなどの場合、工事が始まる前に業者側から家屋調査をしてもいいかと申し出てくれるケースもあります。

自分でわざわざ調査を行わなくてもひととおりの調査をして記録に残してくれるので、何かあった時に対処しやすく、非常にこちら側としてもありがたいのですが、残念ながらすべての業者が事前の家屋調査をしてくれるわけではありません。

知らない間に工事が始まっていた、なんてケースもありますから、気づいたタイミングで早めに調査をしておくほうがトラブルを未然に防げるでしょう。

家の傾きと因果関係が認められたら、どのような補償を受けられる?

家の傾きと近隣の工事の因果関係が認められた場合、民法709条にのっとり、損害賠償請求が行える可能性があります。

どこまで補償されるかはそれぞれで変わってきますが、

  • 傾きの原因の調査費用
  • 傾きを補修する方法を調べるための費用
  • 補修費用(工事費用)

あたりが補償されると考えていただければいいかと思います。

補修が大掛かりになる場合は、転居費用や家の建て替え費用まで請求できることもあります。

補修費用を出してくれるのは基本的に近隣の工事を行った施工業者です。

施工を依頼した施工主が支払う必要はありませんが、施工主が明らかにおかしい指示をしたために家の傾きなどの被害を受けたという場合は、施工主が補償することもあるようです。

決してひとごとではない。近隣の工事が気になるなら調査を

自分の家は大丈夫だろう…そう思っていても、近隣の工事の影響によって家が傾くこと自体は、決してひとごとではありません。

それまでは問題がなかったのに、工事による揺れが傾きを引き起こしてしまう可能性も十分に考えられます。

また、事前に家屋調査をしてくれる施工業者であれば安心ですが、そうでない業者のほうが多いのが実情で、万が一家の傾きを感じても、因果関係が証明できなければ補償を受けられないことも…。

工事があることを説明された時に家屋調査の有無があるのかを聞く(確認する)し、その上で調査を行わないと言われた場合、不安に感じたら家の写真を撮影する、業者に調査を依頼するなどの対策を取ることも考えましょう。

調査費用など多少のお金はかかってしまいますが、家が傾いてからでは遅いので、不安を感じたら何かしらの行動をすることが大切です。

ネットからの無料相談