電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

仮住まい・引越し不要で家の傾きを直せる!?

プロが厳選!自分でできる家の傾きの簡易的な測り方8選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロが厳選!自分でできる家の傾きの簡易的な測り方8選

家の傾きの簡易的な測り方

ご自分で家の床の傾きを正確に測る場合は、レーザーやゲージなどを用意しなければならず、結構大変です。

そこで簡易的な測量方法の1つ目として、柱の傾きを測る方法をご説明します。

柱と床が垂直になっている場合であれば、柱の傾きと床の傾きの角度は一致します。

家の傾きが重度で、1階と2階が平行四辺形になってしまっている場合は、柱と床の傾きは一致しませんので注意してください。

 

糸・5円玉・セロハンテープとメジャーを用意します。

5円玉に糸を通して結び、糸の反対側をセロハンテープで柱に貼り付けると、5円玉と柱の間に隙間ができて、三角形ができます。

糸の長さを1メートルにして柱と5円玉の距離を測れば、1メートルにつき何ミリ家が傾いているかがわかります。

 

もしその距離が1センチであれば、基準点より1メートル離れた所で1センチ家が傾いてると言えます。

この場合は、国による家の傾きの被害認定基準であれば「半壊」に該当します。

一般的に1メートルにつき3ミリ(3/1,000)で違和感を覚え、6ミリで傾いてることに気づき、1センチで苦痛を感じると言われています。

感じ方は人それぞれですが、原因不明な体調不良がある場合には家の傾きを疑ってみましょう。

もっと簡単に家の傾きを調べる方法は?

その他の方法としては

 

  • ビー玉を転がしてみる
  • ゴルフボールを転がしてみる
  • 透明なコップに水を入れマジックで線を引く
  • 2リットルのペットボトルに水を入れ床に横置きする
  • スマホのアプリで傾きを測定する
  • ホームセンターで売っている水平器を床に置く
  • ホームセンターで売っている下げ振りを壁や柱に当てる

 

などで傾きの有無を調べることができます。

レーザー墨出し器(レーザーを水平・垂直に飛ばす機械)もホームセンターで売っていますが、精度が高くなるほど金額も高くなるので、高額なレーザーを買うよりは専門業者に依頼するほうが得策だと思います。

レフトハウジングの無料レーザー診断

レフトハウジングでは、お見積もりを希望されるお客さまに対して無料でレーザー診断を行い、家の傾きの調査結果を報告書でお渡ししています。

ご希望の方はお電話かお問い合わせフォームにてご依頼ください。

 

家の傾きの角度の計算方法

地震保険会社の契約書類やインターネット上で家の傾きについて調べると、傾きの角度での表記が多いことに気づかれると思います。

上記の方法で1メートルにつき何ミリ傾いているか判明しますが、傾きの角度といわれると「?」となりますよね。

角度の計算では「三角関数」で出てきた「tan(タンジェント)」を使います。

例えば、柱と5円玉の距離が11ミリだとすると、底辺が1,000ミリで高さが11ミリの直角三角形ができます。

ということは底辺(1,000)×tan?度=11という式が成り立ち、tan?度=11/1,000つまり、tan?度=0.011と変換できます。

これを関数電卓で計算すると?度=0.64度となりますから、0.64度の傾きがあることがわかります。

この場合は、国による被害認定基準では「半壊」に該当し、一般的な地震保険会社による被害認定基準でも「半損」になります。

以上の計算は手間がかかると思いますので、結果だけ知りたい方は下記の早見表を御覧ください。

家の傾きと角度の早見表

家の傾きと角度の早見表

PDFダウンロードはこらち

ネットからの無料相談