電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

仮住まい・引越し不要で家の傾きを直せる!?

地盤沈下すると配管が危ない?関係性について調べてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あまり遭遇したくないものの、起きてしまうのが「水道管が詰まってしまった」などの配管トラブルです。

パイプが詰まってしまうのをはじめとして、こういった配管トラブルには様々な原因がありますが、そのひとつに「地盤沈下」も含まれています。

地盤沈下と配管、一見なんの関係もないように思えますが、そんなことはありません。

家を建てる場合、配管は外ではなく家の下であったりガレージの下であったりと、地面の下で行われることが殆どだからです。

「何度見てもらってもすぐ水が詰まってしまう」なんて時は、もしかしたら地盤沈下が原因かもしれません。

地盤沈下で配管トラブルが起きる理由とは?

どうして地盤沈下で配管トラブルが起きてしまうのか、その理由について解説しましょう。

地盤沈下はその名前の通り、地盤が沈んでしまう現象のことを指します。つまり、下向きの力がかかる状態だと言えます。

地面と並行に敷かれているパイプであれば影響は少なく済むでしょうが、地面から地上へとつながっている縦向きのパイプの場合は話が変わってきます。

なぜなら、本来かかることのなかった力が地盤沈下によってかかることで、パイプのつなぎ目(ジョイント)が破損してしまったり、ヒビが入ってしまうからです。

また、地面と平行であれば影響は少ないとは書きましたが、こちらも絶対に大丈夫というわけではなく、土などの重みでゆがみや破損が出てくることは十分にありえます。

表に出ているパイプもありますが、水道管や給水配管などはもちろんのこと、電話線や家によっては光ケーブルも地面の下にありますので、地盤沈下でそれらに影響が出る可能性は非常に高いといえるわけですね。

配管・パイプに異常があるとどうなる?

では、配管に何かしらの異常があった場合、どのようなトラブルが起こるのでしょうか。

一番わかりやすいのは水回りのトラブルになります。

トイレが詰まって流れない、逆に水が溢れてしまった、お風呂の水が流れないといったものです。

特にトイレに関するトラブルは非常にストレスがたまりますので、絶対に避けたいもののひとつですよね。

また、マンションなどの集合住宅の場合は上の階で水漏れが起こり天井から水が…なんてこともありますし、水漏れが起きることでこれまでと使っている量は変わらないのに急に水道料金が上がる症状が出てくることもあります。

地盤沈下だけが配管トラブルの原因ではない

もしいまあなたの家で水道管などのトラブルが起きている場合、もしかしたらその原因は地盤沈下かもしれませんが、「配管トラブルは地盤沈下のせい!」と決めつけるのは早計です。

大きな地震が原因で、明らかに庭やガレージに段差が出来ているような時は、地盤沈下が配管トラブルを引き起こした可能性が大きいと判断出来ますが、特に目立った地盤沈下が見られない場合はそれが原因だとは断言出来ません。

水回りのトラブルで多いのが、パイプが金属製であることでそれが劣化し水漏れを起こしてしまうことです。こちらは樹脂のパイプに交換することで解決することが可能です。

トイレやキッチンなどの水漏れのトラブルであっても、配管だけではなくそれぞれの部品の劣化や破損といった原因でトラブルが起きてしまうことも少なくないので、様々な部分を確認する必要があります。

はっきりわかるほどの地盤沈下が起きていたらそれが原因かも

配管トラブルの原因が地盤沈下であるとすぐに見抜く方法はありませんが、状況からある程度判断できます。

その方法とは、そのものズバリですが「地盤沈下が起きているか」です。

地盤沈下とは地盤が弱い土地であればあるほど起きやすいものですし、家を建てる時に地盤改良を行っても、長い年月が経つことで沈んでしまうこともあります。

もしかしたら気づかないうちに家が傾いていて、例えばそれが原因で排水が詰まりやすくなってしまうことは十分にありえます。

地盤沈下を起こしているか確認する方法は?

とはいえ、はっきりわかるほどの地盤沈下が今起きているというご家庭はそう多くないでしょう。

そんな時は何かしらの方法で、家が傾いているかを確認する必要があります。

地盤沈下を起こしているのか確認する方法はいくつかありますが、お手軽なのはスマートフォンのアプリです。

アプリの指示に従ってスマートフォンを操作するだけで、家の中に傾きが発生しているかを簡単に調べられます。

仮に家が地盤沈下を起こしていた場合、どれくらいの沈下が起きているかも重要です。

なお、傾きがまったくなければOK、そうでなければ地盤沈下というわけではなく、新築では「3/1,000」、中古住宅では「6/1,000」未満の傾斜であれは許容範囲であるとしています。

この数字は「1,000mmあたり(3または6)の傾斜」という意味で、新築では3mm、中古では6mmとなります。

部屋の端と、そこから1メートル進んだところの高さの違いが3mm(または6mm)以内であれば、仮に傾いていたとしても全くわからないレベルなので健康にも影響はないと判断されているんです。

なので、その範囲内であれば配管トラブルの原因は地盤沈下とは言い難いかなと思います。

別の原因の可能性もあるので、プロに判断してもらうべき

もし許容範囲よりも家が傾いている場合、地盤沈下を起こしていると言えるでしょう。

しかし、仮に地盤沈下を起こしていたとしても、それが原因で何かしらのパイプが傷ついているかを確認するのは困難です。

例えば排水管のトラブルであれば水道屋さんを呼ぶことになるでしょうが、その時に相談し、必要であればパイプがどうなっているかを確認してもらうことをおすすめします。

排水管カメラや内視鏡カメラ(ファイバースコープ)を使用してパイプの状態を確認・調査してくれますので、その時にゆがみやひび割れなど異常が見つかるかもしれません。

異常が見つかったら修理するか相談を

もし異常が見つかり、直すことで今の配管トラブルが解消されるということであれば工事を検討したほうがいいでしょう。

その時には「水道局指定工事店」である業者を選ぶ必要があります。

「水道局指定工事店」とは水道局から配管工事を行ってもいいと認可を受けた業者であるという意味で、逆に指定を受けていないと工事をしてはいけませんので、必ず確認しましょう。

水道局に問い合わせることで指定工事店である業者を紹介してもらうことも可能です。

また、費用ですがトラブルの原因や解決方法によって大きく変わってきますので、一概にいくらとは言えません。

簡単な部品交換で解消出来るのであれば1万円以内に収まりますが、パイプが曲がっていて大規模に交換しなければならないなど、工事の規模が大きくなると10万円を超えることもあります。

見積もりは無料のところが多いので、複数の業者に見積りを依頼し比較して決めるのもいいかと思います。

配管トラブルの原因は地盤沈下の可能性もあるが、それ以外の原因も多い

地盤沈下が配管トラブルの原因である可能性はあります。

しかし、配管トラブルの原因は地盤沈下だけではなく、パイプの劣化や部品の破損など、素人目ではなかなか判断出来ない部分とも言えるでしょう。

どうしても気になるのであれば家の傾きを調べつつ、業者に依頼してパイプの内部及び外部をしっかりと調べてもらいましょう。

何よりも、配管トラブルの原因を見つけ出すことが一番大切です。

ネットからの無料相談