電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

仮住まい・引越し不要で家の傾きを直せる!?

家の傾きを直す「基礎補強」とは?どんなことをするの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家が傾いてしまう原因はいろいろあります。

大きな地震が起きて液状化現象が起こったなど自然災害が理由のこともあれば、特に考えられる大きな理由もないのにいつの間にか傾いていた、ということもあります。

後者のように、何かしらのきっかけがあったわけではないのに家が傾いてしまった…この場合は家の「基礎」が何かしらの理由で劣化している可能性もあります。

基礎が原因で家が傾いているのであれば、「基礎補強」を行うことで状況の改善が望めます。

長くその家で暮らしていくためにも、基礎がしっかりしていることは非常に重要と言えるでしょう。

今回は、家が傾いている際の基礎の補強について解説していきます。

家を支える「基礎」とは?

今の家で長く暮らしていくために、丈夫な「基礎」は必要不可欠です。

基礎が劣化していると地震が起こった時に家を支えきれず、倒壊してしまう恐れもあるからです。

基礎には「ベタ基礎」と「布基礎」の2種類があります。

「ベタ基礎」は、家を支える基礎部分を鉄筋コンクリートで一体化し、面で家の重みを支えます。

壁部分だけでなく、床下全体にコンクリートを打つので、建物の重さが重い場合や、地盤があまりよくない場所に家を建てる場合に採用されやすい方法です。

対して「布基礎」は一面をコンクリートで覆うものの、住宅を支える部分は逆T字型の鉄筋コンクリートで作られた柱で、点で家の重みを支える形です。

耐震性は布基礎に比べるとベタ基礎の方が多少高めなため、現在はベタ基礎を採用することが多いようです。

家の傾きを直す際、どちらの基礎かでベストな選択が変わることもあるため、自分の家の基礎はどちらのタイプなのか、事前に調べておくことをおすすめします。

基礎が劣化していると、家の傾きの原因になってしまう

家の傾きの原因として、多く挙げられるのが「不同沈下」と言われる地盤沈下ですが、実はそれ以外にも家が傾く原因があります。

それが「基礎のひび割れや劣化」です。

家を支える基礎はコンクリートでできていますが、建てたときからどうしても劣化が始まります。

平均寿命は30年から40年と言われていますが、湿気や乾燥、排出ガスなどが理由で寿命がそれより短くなることもあります。

基礎が劣化してしまうと

  • 基礎にヒビが入り、家の傾きの原因になる
  • 耐震性が低くなり、地震の際に基礎がつぶれてしまう(家が倒壊する)可能性がある

など、当然ながら家にとっていい影響を与えません。

地盤がしっかりしている家なのに自覚できるほどの傾きがある場合、もしかしたら基礎が原因かもしれません。

基礎の状態を見るなら「ひび割れ」が簡単!

基礎が劣化しているかを確認するのに一番簡単な方法は「ひび割れ」のチェックです。

基礎にひび(クラック)が見られる場合、そこから雨水が入ることにより、中の鉄筋が錆(さ)びてしまい、耐久性が落ちて家の傾きの原因となるので、大きなひびが見られる場合は要注意です。

ただ、基礎の表面に見られる小さなひびの場合は、内部まで影響を与える可能性は低いです。

国土交通省の定めで「ひびの幅が0.3mm以下、深さが4mm以下」はコンクリートが乾燥によって収縮したこと、あるいは湿気によって膨張したことが理由でできた変化の範囲内だとしています。

もちろん、ここからひびが大きくなっていったり、そこから雨水が染み込んで中のコンクリートに影響を与える可能性も0ではありませんが、緊急で補修しなければいけないひびではありません。

補修工事が必要なひび割れ6つ

対して、補修が必要なひび割れもありますので、ご紹介します。

まずは「水平方向に入るひび割れ」です。

水平方向にひびが入っている場合、配置された鉄筋にそって入っていることが多く、中の鉄筋の錆が原因である可能性が高いです。

2つ目は「ひびの幅が0.3mm以上、深さが4mm以上のひび割れ」です。

大きなひび割れは、ひびがコンクリート部分だけでなく、内部の鉄筋にまで影響している可能性が高いため、家の傾きを招く危険性があります。

3つ目および4つ目は「大きく縦に入ったひび割れ」、「1つのカ所に集中している細かいひび割れ」です。

どちらも何かしらの負荷が大きくかかり、重みによってひびが入っている可能性があります。

5つ目は「雨染みが発生している状態」です。

基礎のコンクリート部分に雨染みが発生しているということは、内部まで水が入り込んでいることをあらわします。

中に水が浸入すると鉄筋が錆びやすくなり、基礎の強度が大きく失われてしまうため、早めの補修が必要です。

最後の6つ目は「基礎コンクリートのはく離・はく落」です。

基礎のコンクリート部分が剥がれおちて鉄筋が見えていたり、ひびの周りが割れているような状態です。

放置しておくとひび割れが広がるだけでなく、家が傾く可能性もぐっと高くなるので、早急に補修工事を行いましょう。

基礎をケアする工事は大きくわけて4種類

基礎を強くする、あるいは補修するための工事は、大きくわけると4種類です。

  • 基礎の打ち直し
  • 基礎の増打ち(増し打ち)
  • 基礎の補修工事
  • 基礎の補強工事

このうち、基礎の補修工事と補強工事は同時に行われることも多いです。

基礎そのものを作り直す「基礎の打ち直し」

家の基礎そのものを作り直すことで、基礎を強くする方法が「基礎の打ち直し」です。

例えば布基礎をベタ基礎に打ち直すなど、より耐震性を強めたい場合や、築年数が長くなったため、基礎がかなり劣化してしまった時の選択肢です。

費用・施工期間ともに一番コストがかかる方法ですが、そのかわり基礎が強く新しいものになるので、耐震性はもちろんのこと、基礎が原因となる家の傾きに対しても高い効果を発揮します。

弱い部分を補強する「基礎の増打ち」

「基礎の増打ち」は、もともとある基礎に追加でコンクリートを打つことによって補強する方法です。

古い家ですと鉄筋コンクリートの基礎でないことも多いため、増打ちをすることで鉄筋コンクリートによる基礎自体の強度の向上が望めます。

また、基礎が弱い部分のみコンクリートを打つことで、強度を保ちつつ基礎の打ち直しに比べて費用などを抑えられます。

あくまで補強なので、基礎を打ち直した時と比較すると、その強度は低くなります。

基礎の補修工事(ひび割れ補修)

基礎の補修工事は、基礎の中で問題がある(今後影響が出る可能性がある)ひびに専用の樹脂を注入し、上からモルタルなどを塗り目立たなくさせる方法です。

ひびを放置しておくと、そこから雨水などが入り込み、中の鉄骨を腐食させて基礎を弱らせてしまうため、それを防止するための工事です。

あくまでひびを補修するだけなので、この工事を行うことで基礎の強度が向上するわけではありません。

基礎の劣化を防ぐ、遅らせるためのケアといった感じですね。

基礎の補強工事(シートや樹脂による補強工事)

ひび割れの補修と主に行われることが多い、基礎の補強工事です。

ひび割れがある場合はそこを樹脂で埋め、その上から基礎部分に特殊な繊維や樹脂で作られたシートを貼り、強度を高め、最後に仕上げをして完成という流れです。

シートを貼ることで基礎が劣化しづらくなる、耐震性が向上するといった効果があります。

基礎の不調は家の不調と同じ。早めの対策を!

家の基礎について、普段私たちはそんなに考えたことはないかもしれません。

しかし、家を支える非常に重要な部分であることは間違いなく、基礎のメンテナンスを怠っていると、それが家の傾きや倒壊の原因にもなってしまいます。

普段は見ることがない場所だからこそ、気にかけておく必要があるといえるでしょう。

長く同じ家に住みたいと思ったら、基礎部分のメンテナンスは欠かせないものです。

気になるひび割れを見つけたり、「もしかしたら基礎が劣化しているのかな?」と思ったら、一度調査を依頼してみてはいかがでしょうか。

ネットからの無料相談