電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

仮住まい・引越し不要で家の傾きを直せる!?

よくあるご質問

家の傾き修正工事はリフォーム工事や新築工事と比べると、あまりにも施工件数が少なく、専門としている業者はあまり多くありません。

専門家に直接質問をする機会を作る事はなかなか難しいので、この業界についての情報を集めようとしても苦労するかと思います。

ここでは、家の傾きで困っている方の疑問点にお答えしていきたいと思います。

当ホームページ内の情報をお探しの方はサイトマップもしくは検索からどうぞ。

家の傾きの修理・修正について

どこで工事業者を探したらいいでしょうか?
不動産のお店やハウスメーカーに紹介してもらう、建築会社や土木会社に紹介してもらう、住んでいる町の商工会に紹介してもらう、市役所など行政に相談する、近所で工事をした方がいる場合はその人に聞いてみる・・・などの方法もありますが、適切な施工会社と巡り合えるには情報量が不足していますので、やはりインターネットで施工会社を探すことが一番の方法だと思います。

ホームページは、広告や広報とは比較にならないほどの情報量がありますので比較・選別に極めて有効となります。

どのように工事業者を選んだらいいでしょうか?
複数の工事業者に見積もりを依頼し直接話を聞いて、

自分に合っていると思う会社を探しましょう。

「家の傾き修理・修正は施工会社選択が決め手。その具体的な基準23ヶ条」

参考にして慎重に選びましょう。

専門用語が多すぎてよくわかりません。
よく使われる用語を、用語の解説ページにまとめました。

工事業者から直接工事の説明を聞いても、難解な専門用語が多く、理解できない場合もあると思います。

お客さまは工事の専門家ではありませんから、工事の内容がご理解できないのは当然で、理解できるやさしい言葉で説明できない人に工夫が足りないと言えます。

ていねいにわかりやすく説明してくれる業者であれば、こちらの悩みの解決に親身になって対応してくれることでしょう。

さまざまな工法がありますが、どの工法を選んだらいいでしょうか?
お家の被害状況によって最適な工法も変わります。

複数の業者からアドバイスをもらい、比較検討しましょう。

自分なりの検討を踏まえ、最終的には信頼できる業者に相談し、家の状況に合っている工法を選んでもらうのがベストだと思います。

高額な工事なので悪徳業者に騙されないか心配です。どのような点に注意したらいいでしょうか?
知り合いの業者から紹介してもらったから安心とは必ずしもいえません。

むしろその中に悪質・悪徳業者が潜んでいた場合は、対人関係を壊してしまう危惧があります。

「家の傾き修理・地盤沈下修正工事の悪徳業者を見抜く9つの確認事項」をご参照ください。

工事業者選択の最終判断は人任せではなく、必ず自分で行うことが大切です。

違和感や疑念を残したまま、「少し不安だけど多分大丈夫だろう」と思っている状態で契約してはいけません。

手間と時間がかかったとしても複数の業者の説明を聞いて、もっとも自分と相性の合う業者を選べば、満足度の高い工事になる可能性が高まります。

家の傾き修正工事後にいろいろな追加工事が発生しそうで不安です。工事後の注意点を教えてください。
木造住宅は軽い家だとしても50~100トンほどの重量があります。

これを持ち上げる工事ですから、建物に負担は多少なりともかかります。

クロスの裂け目が広がる、タイルが割れる等の小さな被害はこの工事にはつきものです。

また、家が傾いている状態では建具(ドア・窓・サッシなど)の枠も歪んでいます。

家の傾きを直したとしても、建具の枠の歪みはクセになっていて直らない場合もあります。

その場合は建具の調整も必要になるでしょう。

これらの補修費用が含まれているかどうかは必ず契約前に確認しましょう。

いろいろな業者さんに声を掛けて相談したいのですが、最終的に見積もりを断るのが気まずいです。業者さんはどのように思っているのでしょうか?
まったく気にせずに、複数の業者に、訪問による説明や見積もりをお願いしましょう。

高額な工事ですから、複数の業者を比較検討するのは当前のことです。

断られた業者でも、見積もりをした経験は次に生かせますので、今回は残念だと思うだけのことです。

ただしお断りされるとしても、連絡を入れていただくとうれしいものです。

工事の際、普段の生活に影響はありませんか?家族がいるので仮住まいや、電気・ガス・水道の制限があるのは困ります。
工事業者の選択する工法により異なります。

見積書の受領時に確認しましょう。

普段の生活を送っていても、常に不在でも問題ない工法を提供する工事業者も増えてきています。

工事によって近所に迷惑はかかりませんか?近隣トラブルは避けたいと思っています。
基本的に近隣の住民の方に迷惑がかかる工事ではありません。

ただし、前面の道路が狭い等の理由で、近隣に交通の不便をかける場合はありますので、施工業者と協力して近隣挨拶はしっかりとしておくべきでしょう。

平日は仕事をしていて時間が取れません。日曜日や祝日に訪問説明をお願いすることはできますか?
それぞれの会社により異なりますが、この業界は平日(火曜日か水曜日が多い)を定休日としている会社が多いようです。

休日を選び、自分だけでなく家族も一緒に説明を聞いたほうが理解も深まり、業者の選択も順調に進むでしょう。

家の傾き修正工事の相場、適正価格を教えてください。
家の被害状況・家の大きさ・工事範囲・工法により大きく異なりますが、例えば1階の建坪(床面積)が20~30坪前後の平均的な大きさの木造住宅であれば150万円~400万円の価格帯が一般的です。

そして、再沈下に対する保証の有無や、補修費が含まれているかどうかでも金額は大きく変わりますので、同じ条件で複数の業者より見積もりを取り比較することが大切です。

レフトハウジングがお客さまから頂いた質問集

家の傾き修正工事についていろいろ聞くけど、どんな工事をするの?

いくらぐらいかかるの?ご近所には迷惑がかかったりしない??など、いろいろ不安な事がたくさんあると思います。

私たちもお客さまに様々なご質問を頂くことがあります。

そこで、今までに頂いたご質問をまとめました。

抱かれている疑問を少しでも解決出来ればいいなと思っております。

家の傾き修正工事の内容について

工事期間の目安を教えてください。
修正工事の工法・建物の規模により大幅に異なりますが、

グランドコンパクション工法では1~2週間、

制振アンダーピニング工法では3~4週間が目安です。

工法の詳細はレフトハウジングの家の傾き修正工法(グランドコンパクション工法)

レフトハウジングの家の傾き修正工法(制振アンダーピニング工法)をご参照ください。

工事費用はいくらぐらいになりますか?
お家の被害状況を測量・診断して工事費用を算出しますので、一概には申し上げ

にくいのですが、一般的な一戸建てであれば、150万円〜300万円が目安となります。

修正範囲、建物の大きさ、工事のしやすさ等によっても変わりますので、

無料測量・無料見積もりをご利用ください。

工法はどのように選べばいいですか?
現地調査とレーザー測量の結果により判断します。

お住まいの状況に合わせ、より効果的でより経済的な工法をご提案いたします。

工事開始後に金額が変わることはありませんか?
ご安心ください。お見積もりとして提示した金額以上にいただくことは一切ございません。

追加契約が発生することも一切ありません。

工事が終わった後、報告書はもらえますか?
施工内容、施工写真、データをまとめた完了報告書をお渡ししています。

将来の売却、賃貸時、もしくは地震保険加入時にもご利用いただけます。

再沈下のおそれはありますか?
レフトハウジングでは一時しのぎの工事は行いません。

再沈下の可能性が低い工法で工事を行い、

万が一に対する備えとして工事後10年間の無償保証をお付けしています。

職人さんは何名で工事されるのですか?
工事の状況や工程によりますが、3名~5名体制で行います。
職人さんにお茶・食事などを出す必要はありますか?
必要ございません。

飲み物、食事、トイレ等はこちらで手配いたします。

作業時間は決まってますか?
朝 9時から夕方 4時半が目安です。

材料、機材の状況により多少の前後はございます。

仮住居は必要ですか?
必要ございません。

お庭からの工事になりますので、ご在宅でも、お出かけになっても大丈夫です。

工事の可否について

家の一部だけ傾いてしまっていますが工事できますか?
お任せください。部分的に家が傾いた場合でも工事が可能です。

家の全体的な傾き修正よりも部分的な修正のほうが、工事期間も短く工事代金も安くなります。

隣の敷地までの距離が近いのですが工事は可能ですか?
ほとんどの場合大丈夫です。

念のために、訪問時に確認してご説明します。

自宅前の道幅が狭いのですが工事は可能ですか?
ご安心下さい。

道幅が狭い場合は小型のトラック、ワゴン車などでお伺いします。

必要な場合は、道路使用許可の所得も当社が行います。

古い建物ですが工事は可能ですか?
建物への負担を少しでも抑えるように工事を行っていますので、ほとんどの場合心配ありません。

築40年以上のお家でもご相談ください。

倉庫、工場、マンションなどの大きな建造物でも工事は可能ですか?
問題なく工事可能です。

お気軽にご相談ください。

隣地でのマンション工事により家が傾いてしまいましたが工事は可能ですか?
隣地の掘削により地盤が軟弱化してしまっていても、軟弱地盤に対応できる工事を行いますので、

再沈下の危険性が少ない家の傾き修正工事が可能です。

最短だといつ工事着工できますか?
受注頂いた順番で工事しております。

時期によって異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

無料レーザー測量、無料見積もりをお願いしたいのですが、いつごろ来ていただけますか?
状況にもよりますが、できるだけ一週間以内にお伺いします。

緊急の場合はご相談ください。

工事による家への影響について

傾きを直した後、ドアなどの建具に不具合はでませんか?
ほとんど心配ありません。

建物が水平な状態に戻れば、建具の隙間などの不具合も改善される場合があります。

長期間の家屋の傾きにより建具に負担がかかり歪みができている場合は、調整が必要になる場合もあります。

もし工事前に家が傾いている状態に合わせて建具調整を行っていた場合には、家の傾き修正工事後に建具の再調整が必要になります。

クロスに影響はでませんか?
家の傾き修正の度合いによりますが、わずかな裂け目、しわ等が出る可能性はあります。
タイルは割れませんか?
タイルがある部屋がどれだけ傾いているかによりますが、すでにヒビが入っている場合はヒビが広がったり割れたりする場合があります。

もっとも破損しやすい部分ですので工事前に必ず確認いたします。

壁や建物自体に負担はかかりませんか?
一般的な一戸建てでも数10トンの重量がありますので、多少の負担はかかります。

しかしレフトハウジングでは、できるだけ家にいびつな負担をかけないように、バランスよく少しずつ傾きを直していきますので、ほとんど破損が出ないで工事が完了することもあります。

近隣への影響について

工事によってお隣に被害がでる可能性はありますか?
お隣に被害が出る可能性は全くありません。

建物がかなり隣接していても問題ありません。

壁がくっついているなど特殊な場合は訪問時に確認いたします。

工事中の騒音はどの程度でしょうか?
土間を斫る(コンクリートを削る)場合やポンプ等は多少の音がでますが、それ以外の騒音はほとんどありません。

当社スタッフにて工事前に近隣挨拶を行い、工事中も音に配慮を欠かさないことをお約束いたします。

植栽を移動する必要はありますか?
基本的に必要ありませんが、やむを得ない場合はご相談します。
近所への挨拶はどうすればいいですか?
弊社スタッフが事前にご挨拶いたしますのでお任せください。
ネットからの無料相談