電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

【家の傾き修正事例】福岡県福岡市 よう壁側への地盤沈下の解消

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【家の傾き修正事例】福岡県福岡市 よう壁側への地盤沈下の解消

担当者から一言

2階建てベタ基礎の築年数が浅いきれいなお住まいです。

家の裏側がよう壁になっていて、裏側へ全体的に傾いています。
よう壁側は盛り土の厚が5メートルあり、地盤の転圧不足により圧密沈下が発生したため、家が傾いたと推測できます。

制振アンダーピニング工法によって盛り土の深さ以上にコンクリート杭を打ち込み、家の傾き修正を行いました。
家の荷重が地盤ごとよう壁へのしかかっている状態が解消したため、「よう壁の補強工事分の予算が削減できた」とお客さまに喜んでいただけました。

工事期間 21日間
地域 福岡県福岡市
工法 制振アンダーピニング工法
ジャッキ設置箇所 18ポイント
結果

最大110ミリの改善
家と部屋の傾き解決
よう壁への負荷の解消

制振アンダーピニング工法(工法解説ページ

1~5日目

  • 機材搬入
  • 土間の斫り
  • 地盤掘削

ジャッキ搬入 土のう袋 地盤掘削

6~18日目

  • 地盤掘削
  • 土間の斫り作業
  • 埋設管の掘り出し作業
  • コンクリート杭圧入
  • 沈下修正作業

トンネル掘削 コンクリート杭打ち込み コンクリート杭打ち込み

18~21日目

  • ジャッキの高さ固定
  • レーザー測量
  • 埋戻し
  • 機材片付け、清掃

ジャッキ固定 埋戻し 清掃

ネットからの無料相談